大宜味村の道の駅に行ってきました

(本日のブログは担当Lが書かせていただきます。)

2020年8月下旬某日、新しくなった大宜味村の道の駅、

やんばるの森ビジターセンター へ行ってきました。

辺戸岬より車で40分ほど、国道58号線を南へ。

塩屋橋を渡ると左手に見えてきます。

A、B、C、D棟から構成されるビジターセンター。

A棟にはカフェレストランと地元特産品や生鮮食品が購入できるショップ「がじゅまる館」があります。

お土産用から日常の食卓用まで豊富な品揃え。

中でも様々な村で採れた様々なサイズのパイナップルが

¥200ほどから購入可能なのでおすすめです。

B棟は、映像ホールとなっており、

展示品はもちろんのこと、

こんなに楽しそうなコーナーも。

やんばるの自然VR体験。(有料)

こちら最大の目玉、360°ドームシアター。

なんと!大宜味村のキャラクター「ぶながや」が案内してくれるやんばるの映像を、寝転びながら鑑賞できるとのこと!(有料)

当初は椅子での鑑賞になる予定だったそうですが、

職員の皆様のご意見が採用され、寝転べるようになったそうです。

現場の声を採用に至らせるそのパワーが素晴らしいと思いました。

お客様も大変喜ばれていることかと思います。

私も寝転びたいですもん笑

展示物なども沢山ありました。

地域のお子様との交流なども頻繁にあるようで、

かわいらしい絵や文字が沢山飾られていました。

展望デッキもあります。

いい眺め。

振り返ると森も拝めます。

一階に戻り入口付近に進みますと、なにやら猫ちゃんグッズが、、、

なんと、こちらの施設では保護猫ちゃんの為の募金活動もなさっており、

猫ちゃんグッズの売上金は保護猫ちゃんの為に使われるそうです。

こちらは部長のかんちゃんです。

あら、すみません、なんだかすごんでるお写真になってしまいました部長!

D棟ではおいしそうなアイスクリームなどが販売されていました。

目の前の広場は屋根付きなので雨でも安心。

観光ツアーやアクティビティーの受付もなさっているようで、

ぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

個人的には、

・雨でもOK!な映像ルーム、屋根付き広場!

・カフェレストランもアイスクリームもおいしそう!

(勤務中につき買い食いは控えてしまいました笑)

・お買い物も出来る!

以上をふまえますと、お子様連れ、おひとり様、お二人様、

つまり様々な方にお勧めです!

私もプライベートで何回も訪れています!

次回は子供と一緒にドームシアターで寝転ぶぞ!

ではまた!

 

 

 

 

 

沖縄本島北端から思う県民の新型コロナウイルス拡散防止のための自粛の実情

新型コロナウイルスの感染拡散防止のための緊急事態宣言の延長が昨日5/4に発出されましたが、沖縄本島北端の辺戸岬への来訪者は宣言前よりも観光客が多くなっています。実情を示すため、海外の観光客が殆ど居なくなった3月からの来訪数の推移を、正午時の辺戸岬駐車場の駐車台数の日々の変化のグラフで観てみました(バスは、3月からほぼ来訪が無いため除外)。

残念ながら、今日5/5は、過去2か月で乗用車の駐車台数が最も多くなりました。オートバイが数台ある日は、だいたい休日の晴れの日です。グラフよりバイクの台数がある晴れの休日に合わせて乗用車の数が増えています。また、ここ2か月、レンタカーナンバーとYナンバー(米軍関係)は少数で、天気によって外出するか決められるのは地元なので来訪者の大多数は地元と考えられます。

昨日5/4の来訪の台数を、1時間ごとの台数測定から推算すると車810台、オートバイ110台となります。これから来訪者は、おそらく1500~2000人と推定されます。

辺戸岬の訪問者の多くが同じトイレを使い、素手でノブや柵などを触り、また今でも外国の来訪者を見ると、感染者の出ている市内より辺戸岬の方がリスクが高いように思えてきます。特に女子トイレの前は、数時間の間数十人の密集状態となってしまってました。

沖縄本島内であれば、車を使えば他人に接することなく辺戸岬に来れることができ、岬は野外ですが、往復で6時間以上かかるとすると数回のトイレと休憩が必要となり、他の場所でのリスクを高めることにもなります。

ヤンバルの村では多くの観光客がウイルスを持ち込むのではないかと心配しており、また必死に営業自粛して緊急事態宣言の延長に耐え収束を願っている世情の中、辺戸岬へ来訪される方々へは、一層のご配慮を心よりお願い申し上げます。

近い将来COVID-19が収まりましたら、ぜひ辺戸岬へお越しいただくことを心よりお待ち致しております。

By 山田

Black Tea made in the small district “Oku”, northern Okinawa called Yanbaru area, has fantastic refreshing sweetness

Did you know that there are black tea in northern tip of  Okinawa island that reminds “Oriental beauty” which is Oolong tea in Taiwan?

Okinawa Tea

Okinawa has been poor in tea since the Ryukyu era(14th to 19th century). Even though the demand for tea in Okinawa has been high because of its sultry climate, the Okinawa tea production volume has not been low. Necessarily, Okinawa has relied on the import of tea from mainland Japan and Taiwan, worsening the trade balance. Over a few hundreds of years, many policies were implemented to increase the domestic production quantity. but they did not work well. Unfortunately, Okinawa tea would not be match with Okinawan tastes. Then, a stable business base could not be established. In the long and harsh history of Okinawa tea, the Oku community had created a period of brilliant light.

Oku Tea plantations on the northern tip of Okinawa island

Handling tea cultivation as business in Oku community began in 1929  with the launch of a seed nursery.

Tea picking scissors

After 3 years from the war II ended, in 1948, a voluntary organization “Oku Tea Industry Association” was formed with 74 people. A zinc roofing simple tea new factory was established by collecting waste materials of US military and progressed to revitalization.The operation spirit was based on the mutual cooperation(called Yuimaru), in which each member was organically connected. Efficiently,the quality was improved, and the production volume was increased. They also sent trainees to the mainland, incorporating state-of-the-art technology and preferences at the time.

When Okinawa returned to Japan in 1972, the domestic tea protection policy of the Ryukyu government was lost. and Oku farmers had to struggle for the cheaper tea from the mainland. The Oku Tea Industry Association had achieved remarkable success as a result of united efforts to improve quality and production mass. Moreover,stabilized distribution channels to the mainland, and reduce its distribution unit prices. In recognition of that achievement, Oku Association  received the Asahi Agriculture Prize in 1975, which was selected the most excellent organizations among new agricultural businesses from all over the country every year, and the Okinawa Times Industry Prize in 1976.

Tea picking machine

In the Heisei era, recent a few 10 years, the aging of union members put a burden on heavy tea picker machine handled by two old farmers, and gradually shifted to “Shiquwarsa (citrus)”, which can use lightweight agricultural equipment, and Oku tea volume has reduced gradually the area of tea plantations. Another reason of the decrease could be low preference of Okinawan for domestic tea, which would made the island tea market fix predominantly mainland market distribution systems.

In Reiwa(2019~), the Oku teas are still produced. Green tea and black tea are sold in the first place after entering the shop.

Green tea is nice balanced and delicious My favorite black tea is similar to “Oriental Beauty” oolong tea and has a sweetness like honey and can be enjoyed without adding anything.

奥共同店の入り口が空くと奥産お茶がお出迎え
Tears are sold after the entrance of the Oku share shop

Dear readers,when going to northern Okinawa, please stop by Oku District, about 8 km from Cape Hedo, and stop by Oku shared shop to get the tea. Imagine a tea plantation grown in a subtropical forest, so you can relax.

Enjoy Okinawa distilled spirit “Awamori” with rich black tea

I sometimes dilute the Awamori, an Okinawan distilled liquor, into a insulation cup with hot, dark-grained black tea, and enjoy the scent and flavor slowly.

By Yamada

 

沖縄本島北端、ヤンバルの自然と歴史が育んだ奥の茶、特に紅茶が美味しい

Okinawa Tea

沖縄は、琉球の時代からお茶貧乏であった。沖縄の蒸し暑い気候のため、お茶の需要は高かったが、島内の生産量が少なく、日本本土や台湾から輸入に依存し、外貨の流出を招いていた。琉球王府時代から平成に至るまで、島内の生産量を増やし安く流通させる多くの政策が施行されたが、県民の茶への嗜好性の点等から大きな安定した事業に成長することは難しかった。その中で、際立って光を放つ一時代を作ったのが、ヤンバル奥地区である。

国頭村 奥の茶畑
国頭村 奥の茶畑

奥での本格的な茶栽培は、1929年(昭和4年)種苗圃の着手で始まった。1933年(昭和8年)に24名で茶業組合を結成した。その後、県から技官を迎えて台湾の釜炒機を導入した工場を建て、品質向上と生産量拡大を行い、組合60余名、農家の半数がお茶に関わった。

茶摘みはさみ

戦後、1948年(昭和23年)に74名で任意団体「奥茶業組合」を作り、焼け跡からトタンぶき簡易茶工場を新設し再興にまい進した。この組合での運営は、共同助け合い(ゆいまーる)の精神に基づいており、各員が有機的につながり、味が良く生産量を向上させた。また、本土へ研修者を送り、当時の最先端の技術や嗜好の情報を取り入れた。

沖縄復帰1972年(昭和47年)で、琉球政府の保護政策が無くなり、本土のお茶が安く入る厳しい状況となったが、奥茶業組合は、団結して品質と生産量を向上させ、本土への流通経路を安定し流通単価を下げる努力の結果、著しい業績を上げた。この業績が認められて、1975年(昭和50年)に、毎年全国より新しい農業事業の中でとくに優秀な団体を選出する朝日農業賞、1976年(昭和51年)に沖縄タイムズ産業賞を受賞した。

茶摘み機

平成に入ると組合員の高年齢化で二人で扱う重たい茶摘み機が負担になり、軽量の農機具を使うシークワーサ(柑橘類)に徐々に移行し茶畑の面積が減少した。生産量が減少した別の一因として、沖縄の島産茶への嗜好性が低かった問題があり、早摘み茶として本土市場を主体とした流通体制に固定化されたことが考えられる。本土の時流が悪くなったときに安定した地元の需要が広く定着していなかったため、本土の需要縮小に伴い生産量が減少したと思われる。

令和となった今でも、奥のお茶は生産されており、奥共同店でも緑茶と紅茶が店の入って直ぐの一等地で販売されている。緑茶もバランスが取れて美味しいですが、紅茶は「東方美人」ウーロン茶に似て、蜜入りのような甘みがあり何も足さずに美味しく飲めます。

奥共同店の入り口が空くと奥産お茶がお出迎え
奥共同店の入り口が空くと奥産お茶がお出迎え

読者の皆様、ヤンバルの北端へお出かけの際は、辺戸岬から約8kmの奥地区へ足を延ばし、奥共同店でお茶をお求めになってはいかがでしょうか。亜熱帯の森林に開けた茶畑を想像しながら味わうと、とてもリラックスできると思います。

濃ゆ目の熱い紅茶で

私は、保温カップに沖縄の蒸留酒である泡盛を熱い濃ゆい紅茶で割って、香りと旨さをゆっくりと味わっています。

By 山田

 

 

Free Tour of Northern Okinawa Awamori Distillery “Yanbaru Shuzousho”, rich taste from the tropical forest pure water

Awamori is a distilled spirit indigenous to Okinawa, that is not sake,  almost same with Shochu. Awamori is made by the fermentation of indica rice without any other grain with black koji(malt), which is the same koji of Shouchu. You can learn the history and fermentation and distill process of the liquor in the free tour. You can also taste some kinds of Awamori in the factory.

Yanbaru Shuzousho, which I visited this time, is located on the Takazato River in Ogimi Village, and is the northernmost distillery specializing in Awamori founded by local people 70 years ago. Awamori product process use the same method of southern area of Okinawa, but the water is different. In the southern part, the hard water purified by infiltration of Ryukyu limestone is used, whereas in Yanbaru Shuzousho, medium hard water infiltrated through forests and soil that does not contain much limestone is pumped up. It is used as a  water to thin the fermented rice, cooling water for distillation, and to reduce alcohol.

Tour reception and sales office

Entrance of the  distillery, I was guided by Mr. Ikehara, President.

Thai rice is the only cereal that is washed, soaked and drained.

After draining, the 700kg rice is steamed.

Black malt spores are sprinkled evenly on steamed rice. Since the black malt is a strong bacterium, it does not attract other bacteria. then the rice is not spoiled.It is also a very useful bacterium used in a black vinegar made in Kagoshima Prefecture.

The black malt on the factory roof beams gives a sense of the building’s history.

Rice koji made from black koji and steamed rice is mixed with Yanbal water to form “moromi” and fermented slowly under room temperature. A month later, “moromi” had a slightly sweet awamori scent.

The water used for Awamori is sterilized with ultraviolet light. Low temperature pasteurization is widely used so that the taste of freshly squeezed milk is not impaired by heat. Pasteurization is widely used so that the taste of freshly squeezed milk is not impaired by heat. Efforts to preserve the deliciousness of natural water are wonderful.

The fermented moromi is heated, distilled, and blown into a cooling tank through the square pipe in the picture.The water flowing through the cooling tank is also Yanbal water.Because it is distilled at normal pressure, the scent of moromi and various components are contained more than shochu. That will be the source of the taste of Awamori.

The freshly distilled Awamori is aged in storage tanks for over a year and slowly grows mellow.

It was one of the best shochu and Awamori I ever drank. Yanbaru Distillery is a small  business size that is mostly consumed locally. As demand declined due to depopulation. When going to Yanbal, please stop by the Yanbaru Distillery and try delicious Awamori

By Yamada

Return.